FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

待ってました♪

ごくせんの最新刊の発売日~♪
早速本屋さんへGO!で買ってきました。
まずはすぐ読んでしまうのはもったいないので
前回の巻を復習して、いよいよこれから読んじゃいます♪
楽しみなのだ~、うぷぷ(*≧m≦*)
スポンサーサイト
[ 2006/10/19 16:26 ] | トラックバック(-) | CM(2)

強風で筋肉痛?

今日は「ごくせん」13巻の発売日!
張り切って自転車で本屋さんへε=ε=ヘ(;゜∇゜)ノ ゴーゴー♪
しかし、昨夜からの強風で自転車が前に進まない~~~!
時々追い風になるときは楽チンなんだけど
向かい風や横からの風にはもう失速・・・参りました。
大腿筋の悲鳴が聞こえる~ヘ(゜曲、゜;)ノ~ ヒィイイイイイ!!
自転車降りて歩いた方が早いかも?って感じ。
でもね、急いでいたから頑張って漕いだよ!1時半からの昼ドラが観たかったからね。
こんなことなら車で行けばよかったとちょっと後悔・・・。
でも、これもまたいい運動になったのかもしれません。
きっと明日は筋肉痛だぞ・・・。いや、明後日かも?(-"-;)

早速「ごくせん」読みました。
もう、今回も面白かった~コタツでゲラゲラ笑い転げてました。(笑)
あ~、早くも14巻発売予定の今秋が待ち遠しいのだぁ~。

余談ですが、最近読んだ本・・・
「診察室にきた赤ずきん」大平 健
「十角館の殺人」綾辻 行人
「水の時計」初野 晴
「猫は七面鳥とおしゃべりする」リリアン・J・ブラウン
「寝ずの番」中島らも
です。
今はダヴィンチ・コードを読んでいる最中・・・
ついつい夜更かししてしまう日々です。ヽ(´◇`)ノ ファ~♪
[ 2006/03/17 20:05 ] | トラックバック(-) | CM(0)

チーム・バチスタの栄光

読了してしまいました。


すごく面白くて、読み進めたい気持ちと
読み終わってしまうのがもったいない気持ちとが混同しながらも結局読み終わってしまいました。
物語はバチスタ手術での術中死が立て続けに起こり
その原因究明を神経内科医の田口が病院長より依頼されるところから始まるが、
物語の後半になって登場してくる白鳥という人物、
この白鳥圭輔のキャラがまたナイスで、
是非次回作は白鳥を主役にした作品を!という待望の声もあるというのにも納得。
犯人自体は意外性に欠け、いかにもって感じもしましたけど
とにかく物語に引き込まれ、シリアスな内容でありながらも
所々で笑わせてくれ、なかなか面白い作品でした。
この作品で「このミステリーがすごい!」の第4回大賞を受賞した著者(海堂 尊)は現役勤務医とのこと。
本業は作家ではなく勤務医となると、なかなか忙しくて
次回作も期待できないのかなぁ、(´ヘ`;) う~ん・・・。
でも個人的には続編を期待しちゃいます。
[ 2006/02/12 22:46 ] | トラックバック(-) | CM(2)

今日から

もう11月なんですねぇ・・・。
そう思っているうちに12月になり、あっというまに一年が過ぎてしまうんだよね。
二十歳を過ぎると一年一年が本当にあっという間だなぁ~というのが
より顕著に感じられるようになったよね…c(゜^ ゜ ;)

さて、このところすっかり放置状態でしたが
テンプレートがハロウィンだったので、やっぱり変えなきゃと思い立ちました。(^^;;
ということで近況報告も兼ねて一応更新もしてみます。

引越しは11月8日(火)なのでちょうどあと一週間ですね。
本当は今日は旦那がお休みのはずだったんだけど
出勤となってしまいちょっと残念。
私一人で出来ることをやっておくしかないね。
一応荷造りのほうはらくらくパックにしたので
最悪何にもやらなくてもいいんだけど、我が家の場合色々と生き物がいるのでこちらは引越し業者におまかせというわけにはいかない。
わんこは当日でいいんだけど、インコは当日引越し業者さんがバタバタ出入りしてパニックになっても困るので
前日に移動しておこうと思ってます。
それから、我が家にはザリガニもいたんだよね。
それがこの前卵を持っていたザリガニが2匹いて
その卵が孵ってチビザリがウジャウジャなの~!
可愛いんだけどね、よりよってこんなタイミングに・・・
ちょっと大変なんだわ、これが。(^^;;
こちらもまた前日までには移動ですね。(笑)

最後に最近読んだ本です。↓
「壬生義士伝」(上)(下) 浅田次郎
「怪笑小説」「毒笑小説」 東野圭吾
「パーフェクトブルー」 宮部みゆき
東野圭吾といばシリアスなミステリーというイメージしかなかったけれど、こちらの2冊はお笑いです。
ブラックユーモアっていうのかな、とにかく面白かったです。
宮部みゆきの作品は、実は初めて読みました。
以前、模倣犯を読み始めたものの途中でとっても不快な描写があって
一気に読む気が失せてしまったのよね。
今回の作品は宮部みゆきの処女作(長編)だそうで
蓮見探偵事務所の用心犬、ジャーマンシェパードのマサの視点から描かれた物語。
その続編にあたる「心とろかすような」を現在読んでいるところです。

[ 2005/11/01 15:12 ] | トラックバック(-) | CM(0)

ささら さや

加納朋子の作品を読むのはこれで3作目です。
突然の交通事故で夫を亡くし、その夫が幽霊となって
ピンチを救ってくれます。
赤ん坊のユウスケを連れて引っ越してきた
佐々良という街で、色々な出来事が起こります。
この著者の作品では毎回感じることですが
なんとも優しく暖かな気分にさせてくれて
今回もまたそれをとても顕著に感じました。
最後はちょっとうるうる(T^T)。
そしてこの作品の中の登場人物である
3人のおばあちゃんたち、この3婆トリオの会話が
なんとも可笑しくて笑わずにはいられません。
おそらく人それぞれ好みがあると思いますが
この作品は私の中ではかなりお気に入りに属するかもです♪

[ 2005/10/17 22:25 ] | トラックバック(-) | CM(0)
いくつになったの

さすらいペット

今日の格言

ブログリスト

BMI判定

身長 cm
体重 kg

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。